タイランド情報

タイ情勢を知る手だて2014.01.13

新年から、タイのデモ騒動について「どうなってるのか」との問い合わせをいただいています。


Yahooに昨年12月25日付けで発表された「The Page」の河野嘉誠記者 の解説記事を転載させて頂きました。
拓殖大学の甲斐信好教授の説明を引用しながら分かり易い解説記事を発表しています。

どうぞご参照下さい。


【選挙を拒否する反政府デモ】


タクシン政権が退陣した2006年以降、タイの政治は「黄シャツ」と「赤シャツ」の対立として語られることが多い。
「黄シャツ」は、バンコクを中心とした既得権層により構成される。
野党・民主党を支持し、「反タクシン派」とも呼ばれる。
今回の反政府デモを担っているのも「黄シャツ」の人々だ。



  これに対し、東北タイを地盤とし、農民や労働者などから構成され、
タクシン政権時代の諸政策により恩恵を受けたのが、「赤シャツ」といわれる人々だ。
タイの国民の半数以上は農民だ。タクシンは首相在任中、農民や貧困層に対し手厚い保護をした。


「黄シャツ」は、こうしたタクシンの政治手法を「ポピュリズム」と批難する。
タクシンの妹・インラック首相のコメの買い取り政策も、国庫を圧迫する「バラマキ」との批判をうけている。
しかし、「黄シャツ」は、圧倒的多数を占める「赤シャツ」に選挙で勝つことはできない。


それゆえ、タクシン政権を崩壊させた2006年も、軍のクーデタという形をとらざるをえなかった。
一般に、反政府デモとは「民主主義」を希求し「自由で公平な選挙」の実施を求める運動だ。
しかし、タイの「反政府デモ」は選挙を拒否している。


今回のデモで反政府側指導者を務めるステープ氏も、
インラック首相の即刻辞任と「総選挙を経ない政権委譲」を要求している。


このある意味、異様な「反政府デモ」の背景について、
「タイの構造的な社会階層対立」があると分析するのは、
比較政治学が専門で東アジアの民主化に詳しい甲斐信好拓殖大学教授だ。
「タイの政治を伝統的に動かしてきたのは官僚や貴族といった上流層の人々だ。
彼らは、1932年の立憲革命に象徴されるように、絶対王政を廃し、民主化を進めた。
しかし、彼らはタイ国民の半数以上を占める農民層まで巻き込んだ『民主化』は求めなかった。
タイの政治を伝統的に担ってきた上流層が、『黄シャツ』として現在まで存続している」。



インラック首相は今回の一連のデモを受け、下院の解散と来年2月の総選挙を確約した。
だが、反政府側は今月21日に総選挙のボイコットを表明するなど、
インラック首相の申し入れを受け入れる様子は見られない。



【千日手のタイ政治】


甲斐教授は、インラック首相に手詰まり感があると指摘する。
「問題は二月の選挙が実施できるかということだ。
タクシン派が勝利した2006年の総選挙で、野党側は欠席戦術に出た。
あろうことか憲法裁判所はそれに対し、『野党が参加しない選挙は無効』という判決を出した。
今回も野党側は選挙のボイコットを表明している。
2006年のような事態になる可能性がないとはいえない」。

タイの司法は必ずしも中立ではない。
選挙に際し、2006年のように黄シャツ側におもねる判決を出す可能性もある。
しかし、黄シャツ側にしてみても、手詰まり感は変わらない。
選挙が実施された場合、負けは確実だからだ。

「タクシン派」が政権をとれば、「黄シャツ」がデモをおこす。
「反タクシン派」が政権をとれば、「赤シャツ」が座り込みを始める。
タイで2006年以降繰り返されてきたこの状況を、甲斐教授は「千日手のタイ政治」と形容する。
「千日手」とは将棋の用語で、お互いが同じ手を繰りかえし、局面が進展しないことをさす。

【国王の演説でも収束せず】

タイはクーデタの多い国だ。1932年の立憲革命から1992年の民主化に至るまで、
約3年に一度のペースで繰り返されてきた。しかし、それでも「無政府状態」にならなかったのは、
国王の存在があったからだというのが甲斐教授の見方だ。

「タイは立憲君主国なので国王は政治的に中立だ。
しかし、クーデタなどで三権が機能しなくなった場合、
国王が政治に関与することが憲法的にも認められると考えられている。
これまでのクーデタでは最終的に国王が認めた方が勝ちになり、
負けた方は無事に国を出て行くという原則があった。
タイの政治にとって、国王は最後の安全弁だった」。

 プミポン国王は今回のデモに際しても、誕生日である12月5日の演説で国民に「団結」を呼びかけた。
しかし、反政府側は6日からデモを再開した。
慈善活動にも意欲的に取り組み、国民から愛されるプミポン国王。
その現国王をもってしても、92年のようにデモを収束させることはできなかった。

「『都市と地方』、『富裕層と貧困層』という開発途上国の典型的な対立が、
タイでは『王室』という共通項でバランスが保たれていた。そのバランスが崩れる危険性がある。
現国王の強力な政治権力は、政治的な要請として制度的に作られた部分と、
現国王の個人的魅力により形成された部分の両面がある。
王室が最終的な安全弁になるという政治システムをどう移行するかが問題だ」(前出・甲斐教授)。

プミポン国王も86歳を迎え、最近では入退院を繰り返している。
「最終的な安全弁」が効かなくなったときに、民主主義の原則が守られるような社会が形成されていなければ、タイの政治は混沌におちいる。

「千日手」を止めるために残された時間は、長くはない。

(写真はタイの英字新聞BangkokPost紙から転載しました)


 

<<前のページへ戻る

前の月へ DECEMBER 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます