文化交流

パルシステム農法研究会参加2012.01.18

ソムヌック理事長とフーン組合長は、大阪・名古屋と回った疲れも見せず1月13日には早朝、東京に移動。科学技術館ホールで開かれたパルシステムの「公開確認会発表会」とそれに続く「農法研究会」に参加しました。特に農法研究会ではフクシマ原発事故を受け、生産者団体が地元でどんな取り組みをしているかの報告・講演があり、最後部座席で通訳の木村(PPFC社員)を通して熱心に聴講しました。 タイでは大洪水の復興や産地での水害・突風被害からの復興に取り組んでいる真っ最中なので、日本の状況に二人の関心は高まりました。タイは恒常的に電力不足があり、隣国のラオスから買電している状態ですが政府は既に原発を建設しないと決めています。今回の農法研究会では自然災害と原発災害との違いについて、多いに学ぶものがありました。民間稲作研究所 稲葉理事長、ジェイラップの伊藤代表の報告を聞き、大きな原発災害に立ち向かう生産者団体の強い意思やそれを側面から支援する生協の取り組みに感動を覚えるという感想でした。 夜は恒例のパルシステム「賀詞交換会」に参加しました。フーン組合長は何度か参加してはいますが、それでも参加人数の多さに二人の生産者は驚いていました。タイの産地を訪問したことのある生協の理事さんや職員の方々と懐かしく握手する機会を持つことができました。 二人の訪日はこれで終了し、14日の朝便で成田からタイへと戻りました。

<<前のページへ戻る

前の月へ AUGAST 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます