文化交流

大阪よどがわ市民生協・ラメー次世代農家育成プロジェクト2013.10.05

大阪よどがわ市民生協訪タイ団は今年2組に分かれて実施されました。
第一陣は9月26日〜29日、第二陣は10月3日〜6日です。


第一陣は職員と役員による8名、第二陣は配送委託先の担当者と職員・役員の8名という構成です。
理事、組合員を中心とした訪タイ団は既に3月、実施されています。


トンカーワット農民会との交流、圃場の訪問などと同時に、
今年1月からスタートしている
農民会の「次世代農家育成プロジェクト」の交流も行われました。


ハードな日程の中でしたが、濃密な交流でした。
第二陣は、最近次世代農家育成プロジェクトに参加した
バーンヤンプローン小学校(スラタニ県チャイヤー郡)を訪問しました。


この学校は1970年代前半の、国内ゲリラが活発だった頃、
地域貢献の一環として「国境警備隊」の 隊員によって設立された学校で、
今でも警備隊の隊員が先生です。
同じ地域に住むトンカーワット農民会の会員からプロジェクトの話を聞いた
ブンセパート校長先生がプロジェクトの趣旨に感銘して導入を申し入れたものです。


学校はタイ文部省の標準を備えたカリキュラムで運営されていますが、
奥地の学校の特徴を生かし、
給食用の野菜作りや鶏・豚の飼育をして食材の確保もしています。
バナナはすでに食用として無農薬で栽培していましたが、
プロジェクトを実施するために5年生・6年生の生徒45人の担当グループを編成、
日本向けのホムトンバナナを300本植え付けました。
植え付け数も少しづつ増やす計画です。


警備隊員の服装をした先生に日本の訪問者は少し驚きましたが、
先生の警備隊員は皆優しい顔で子供達に接していて、
訪問者も暖かい歓迎を受けました。


(一番下の写真は威厳を正した校長先生です)

<<前のページへ戻る

前の月へ APRIL 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます