文化交流

生産者鳥取大阪訪問2013.10.22

10月14日朝、トゥンカワット農民会の生産者 ソムチャイ・サンパウさん、アーリー・パンチャナさんのお二人と次世代農家育成プロジェクトでバナナを栽培している中学生を代表して2年生のワニッチャー・ワーンヌンさんが来日しました。関空に到着後、すぐに鳥取市へ直行。産地からバンコク空港まで8時間のバス、関空まで6時間のフライト、鳥取まで電車2時間半と長旅だったことと初めての海外旅行、それも周りは知らない人ばかりで淋しさと疲れのためワニッチャーさんは最初からグロッキー気味。最初は食事も喉を通らないような状態でした。

それでも鳥取県生協の皆様に温かく迎えられ、海や砂丘を見るうちに元気になってきました。鳥取県生協はバナナ事業が始まってまもなくからの古いお付き合い先で組合員さんや職員さんも何度か産地に来ていただき交流してきた経過があります。今年は突風被害に対する支援金や組合員さんからの寄せ書きなどもいただき生産者を励ましていただきました。

15日夜には大阪へ移動し、16、17日と大阪よどがわ市民生協の総代学習会に参加させていただきました。バナナの学習と交流後、生協の商品配送先の班にもお邪魔し自分たちが作ったバナナが海を越え最終的に消費者の手に渡る瞬間を体験することができました。組合員さんも遠くから来た生産者を温かく迎えていただきました。ワニッチャーさんは日本の中学生達とも交流、テニスやゲームで同世代同士ですっかり打ち解けたようです。大阪よどがわ生協では中学生たちのバナナ栽培プロジェクトを支援する目的でバナナ1パックで1円の募金もされています。プロジェクトの中から農業後継者が出てくると嬉しいですね。最終日は京都へ行き清水寺を観光しその夜元気に日本をあとにしました。 

<<前のページへ戻る

前の月へ DECEMBER 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます