文化交流

マンゴー産地視察2014.05.21

5月9日、パルシステムとGPSはペチャブン県とナコンラチャシマ県のマンゴー産地を視察しました。

タイ産のマンゴーのナームドクマイ種とマハチャノック種は近年日本にかなり輸入されるようになり

独特の香りと甘さで消費量が伸びています。

 

パルシステム・GPSが視察した生産地はエコ栽培に挑戦している産地で

品質や生産工程、肥料や農薬の管理状態、生産履歴の記帳などを

直接話し合って確認しました。

 

実際の供給はまだ先ですが、生協組合員さんの要望に応えていける準備を

始めたところです。視察団からは両産地がバージンランドを広く持ち、今後の可能性が十分に見てとれる

産地だと評価されました。

 

(写真はペチャブン県のマンゴー農園です。
生産技術指導・農場管理指導のマネージャーは農業専門大学の教授をしていた方でした)

<<前のページへ戻る

前の月へ APRIL 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます