文化交流

鳥取県生協 虹の会産地訪問2015.10.08

10月5日夕刻、鳥取県生協「虹の会」一行は関空からクアラルンプル経由でバンコク入りしました。

ホテルのチェックイン前に空港から直接夕食会場へ、夕食は現地時間で9時過ぎていました。

まだ誰もスタミナが切れていません。

翌朝は5時半のモーニングコールです。

朝食をホテルで済ませた一行10名はホテルを7時出発でサラブリ県のパッキング場と農園視察に出発しました。

恐ろしいことに、車の中で寝ている人がほとんどいません。

談笑し、景色を見、道案内に立ったPTJ新社長のペイソーに質問を浴びせています。

これだけ元気な視察団も珍しいかもしれません。

 

サラブリに到着し、パッキング場を視察、サラブリ地域の生産者の特徴や自前のパッキング場開設に至る経過を

ペイソー社長から報告させてもらいました。質問だけでなく意見や要望まで出る「会議」になってしまいました。

バナナ生産の実態を見聞きし、国境を越えた鳥取県生協の長年の取り組みに「虹の会」会員のメンバーは深い確信を

持てたと言っていました。

 

圃場視察はPTJ直営の「自社農園」視察と登録圃場の視察です。

雨季とはいえ、朝からの雨でぬかるんだ道路と圃場の視察は大変でした。

皆様、お疲れさまでした。

昼食はノンケー群一番を自称する「アロイチン」レストランへ。

ここでは生産者のヌグンさんを交えての交流をしました。

 

視察を終えたこの日、一行はバンコク空港からクアラルンプルに移動すると言う超過密スケジュールでした。

疲れた顔をしている人がいない、年の割合にしては元気いっぱいの視察団でした。

 

県生協から浜江理事長が参加され、産地やパッキング場で励ましの挨拶をいただきました。

ありがとうございました。

 

<<前のページへ戻る

前の月へ MARCH 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます