文化交流

大阪よどがわ市民生協 訪タイ団第2陣 20162016.09.17

1994年ホムトンバナナを国際産直商品として取扱いを初めて23年目になるよどがわ市民生協では毎年3回の産地交流を行います。
9月13日から17日に職員7名が今年2回目の産地交流のためタイ南部トウンカーワット農民会へ訪問しました。バンコク空港に早朝到着、国内便に乗り継ぎで南部へ移動、スラタニ空港到着後さらに1時間の車移動しようやく産地へ到着。日本を出発してから12時間の移動、バナナ出荷作業体験、農民会で産地状況確認、圃場視察、夕方から生産者と交流会、とっても一日でこなせる仕事とは思えないが毎度参加者の皆さんはすべてを笑顔で答えていました。
最近は昼食を生産者宅でご馳走になる事が多くなりました。今回は来月日本に来る予定の生産者宅で昼食をとる事になりましたがいきなりタイ南部料理の辛さにびっくり!ドリアンやマンゴスチンも生産者の庭でとれた新鮮な果物をいただきました。
夕方の交流会では言葉のわからない、初めて顔を合わせる生産者と生協の職員ではありますが戸惑いを感じながら非常に楽しい交流会ができたと思います。
翌日はバンコク周辺の新産地サラブリへ移動し、同じく作業場視察、圃場視察、生産者と交流をしました。同じ国で同じ作物を栽培していても栽培方法全く違う事を確認できたと思います。
これからも国際交流を継続する事で言葉の壁を乗り越えた交流を来年も続けたいと思います。

<<前のページへ戻る

前の月へ OCTOBER 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます