フィールド情報

トゥンカーワット農民会第二作業場の様子(2012/07/11-12)2012.07.19

 今週は虫食い傷、重量規格外、過熟が非常に多く、相当量が跳ね出されました。特に問題の多いのは、ここ最近の強風で葉割れが多く出ているナイトゥン地区とナムチャー地区の圃場で、十分な光合成ができないことから来る生育不良と過熟の他、葉が擦れてできた擦り傷が数多く出ています。先々週あたりから、こうしたことが原因による廃棄がとても増えているため、生産者も収穫時のバナナの品質に今まで以上に気を配るようになって来ました。今週収穫されたバナナが日本へ到着するのは、2012年7月25日の予定です。

つづきを読む>>  

トゥンカーワット農民会第一作業場の様子(2012/07/04-05)2012.07.12

 ここ連日の天候不順の影響を受けてか、今週は全般的に生育不良気味のものが多く、相当量が重量規格外品として跳ね出されました。また熟度もあまり安定しておらず、過熟が数多く出ています。しかしお隣スラタニ県のチャイヤー地区から収穫されたものは遠地ということもあって当たり傷こそ幾分多く出ていましたが、サイズは立派なものが多く、平均して肉付きの良い状態でした。今週収穫されたバナナが日本へ到着するのは、2012年7月18日の予定です。

つづきを読む>>  

バンラート農協作業場の様子(2012/06/27-28)2012.07.05

 バンラート産地では以前から他の産地と比べて先割れ症状というバナナの先っぽがパックリわれてしまう症状が多く出ていますが、今週の出荷作業でもまたかなりの量がこれが原因で跳ね出されました。この症状が発生する原因はいろいろと語られていますが、まだこれといった決め手は見付かっていません。安定した出荷を実現させるためにも、一刻も早く解決策を見出したいところです。

つづきを読む>>  

チュムポン組合作業場の様子(2012/06/20-21)2012.06.29

 南部産地の過去1週間の天候は雨。地域により小雨のところと大雨のところがありましたが、ほぼ終日雨降りの日が続き、日照りの少ない状態が続きました。そのせいか収穫されたバナナは全般的に生育不良気味で、重量は一応出荷基準は満たしてはいましたが、角ばった形状をしたものが多く見受けられました。今週収穫されたバナナが日本へ到着するのは、2012年7月4日の予定です。

つづきを読む>>  

トゥンカーワット農民会第二作業場の様子(2012/06/13-14)2012.06.20

先週の出荷作業では、広範囲に及ぶ大雨の影響で一部圃場では収穫作業を中止せざるを得ない状況となりました。今週はそれらの圃場からも無事収穫を行うことができましたが、収穫が1週間遅れたことで過熟果が多く出ており、相当量を跳ね出す結果となってしまいました。またこの他にも、一部地域では雨期に入って喜んでいたのも束の間、今度は強風と日照りの少なさが災いして生育不良が多く出てしまっているところもあり、収穫されたうちの約500?が廃棄処分となりました。今週収穫されたバナナの日本到着は、2012年6月27日の予定です。

つづきを読む>>  

トゥンカーワット農民会第一作業場の様子(2012/06/06-07)2012.06.14

 今週は各地を襲った集中豪雨の影響で、チャイヤー地区を中心とした計9圃場で収穫作業を行うことができず、合わせて258バンチの収穫が中止されました。しかし収穫されたものについては、全般的に品質良好で、表皮の虫食い傷や赤痣症状も比較的少量となっています。今のところ熟度も安定していますが、天候の影響で生育に遅れが生じ始めている圃場も出始めているため、今後収穫熟度の見極めに注意が必要となりそうです。今週収穫されたバナナの日本到着は、2012年6月20の予定です。

つづきを読む>>  

バンラート農協作業場の様子(2012/05/30-31)2012.06.06

 バンラートのここ最近の天候状態は、日中は晴れ間を見せて夕方になると雨が降るというパターンが続いています。日中にはしっかりと光合成を行うことができ、日が沈む頃になると適度に雨の恩恵に預かることのできるこうした天候状態が幸いしてか、バナナの状態は概ねしっかりとしていて、安定しています。しかしここバンラートで最も大きな廃棄理由となっている先割れ症状は相変わらず多い状態で、今のところ減少する様子はありません。この問題さえ解決することができれば、バンラートの出荷量は一気に増えるのですが・・・。この日収穫されたバナナの日本到着は、2012年6月13日を予定しています。

つづきを読む>>  

チュムポン組合作業場の様子(2012/05/23-24)2012.05.31

 雨期に入って雨の降る回数は多くなりましたが、時折見せる強い日照りと突風がバナナにストレスを与えているのか、圃場によって品質にかなりのバラつきが出ています。また赤痣症状が出ているのは一部圃場に限られますが、症状はこれまでより悪化の傾向が見られています。この日収穫されたバナナが日本へ到着するのは、2012年6月6日の予定です。(地域担当スタッフ:ウィー)

つづきを読む>>  

トゥンカーワット農民会年次総会2012.05.31

 先週末の25日、トゥンカーワット農民会で年次総会が開かれました。...続きを読む

つづきを読む>>  

トゥンカーワット農民会第二作業場の様子(2012/05/16-17)2012.05.24

 先週は冷蔵庫が故障したため、箱詰したものを直接コンテナへ積載する必要がありましたが、今週は無事修理を終えて通常通り使用することができました。バナナの状態は雨期に入り定期的に雨が降っているお陰か、全般的に出荷基準を満たしています。一部圃場では実の細い角張った形状をしたものも見られましたが、それでも重量は出荷基準以上ありました。熟度も一部で過熟が見られた他は、概ね安定しています。過熟の多く出た生産者に話を聞いてみたところ、“熟度が低めだとサイズも小さく、重量規格外で跳ね出される確率が高くなるため、できるだけ熟度を高めにしている”とのことでした。適切な収穫熟度の判断は、その時の天候や気候等様々な要素が絡んで来るため、なかなか難しいものがあります。今週収穫されたバナナが日本へ到着するのは、2012年5月30日の予定です。

つづきを読む>>  

前の月へ OCTOBER 2019 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます