フィールド情報

チュムポン組合作業場の様子(2012/02/01-02)2012.02.08

ナイトゥン地区は全般的に品質が良く、果肉状態のしっかりとした重量のあるものが大半を占めていました。ただ他の地区ではまだ一部で生育不良気味の角張った形状をしたものが数多く見られる状態で、全体としては品質にバラつきが見られます。表皮には一部圃場で赤痣症状と、農園からの輸送による打ち身・当たり傷が見られました。この日に収穫されたバナナが日本へ到着するのは、2月15日の予定です。ビデオは現場のPPFCスタッフが作業の様子を撮影したものです。

つづきを読む>>  

トゥンカーワット農民会第二作業場の様子(2012/01/25-26)2012.02.03

全体的な品質は前回とほぼ同様の状態で、重量で見ると規格品(110g/本)が大方を占めています。しかし実の細い角張った形状をしたものが目立っており、これらは昨年11月の突風被害の影響を引きずっている他、おそらく最近の日照量の少ない天候も少なからず影響しているものと思われます。表皮には赤痣症状が多く出ています。また隔週で収穫を行っている2圃場では、過熟も数多く検出されました。今週収穫されたバナナが日本に到着するのは、2012年2月8日の予定です。

つづきを読む>>  

トゥンカーワット農民会第一作業場の様子(2012/01/18-19)2012.01.24

 チュムポン県は相変わらずの曇天続きで太陽の恩恵を十分に受けられないバナナが多くなっており、今週収穫されたバナナには実の細いものや熟度の高いものが数多く見られました。(重量規格外と過熟が原因による廃棄重量は、それぞれ1トン前後) 表皮の赤痣症状は、チャイヤー地区の一部圃場を除いてだいぶ改善されています。現在の平均気温は朝晩が23℃前後、日中でも30℃前後と比較的涼しい状態です。今週収穫されたバナナが日本へ到着するのは、2月2日の予定です。(写真は過熟が原因で跳ね出されたバナナたち)

つづきを読む>>  

訪日感想文の紹介2012.01.20

去る1月10〜14日、トゥンカーワット農民会のソムヌック理事長とバンラート農協のフーン組合長が訪日しました。その際にお二人が書かれた訪日の感想文をバナナ通信にアップしましたので、お知らせ致します。(→ここをクリック

 

つづきを読む>>  

バンラート農協作業場の様子(2012/01/11-12)2012.01.19

収穫圃場全体に占める新規圃場の割合が増えているため、品質はやや上がっています。しかし収穫が終わりに近づいている圃場のものは熟度や表皮面での問題が多く、品質状態はあまり良くありませんでした。また今週は先週収穫作業を行わず、隔週で収穫された圃場も一部ありましたが、そういった圃場はサイズこそ立派であっても一部で過熟果が見られました。現在、新規収穫圃場のひとつであるサノーン氏の圃場では虫食い傷が圃場全体に蔓延している状態で、今週の出荷作業でも相当量を跳ね出しました。(写真参照)今週収穫されたバナナが日本へ到着するのは、1月25日の予定です。

つづきを読む>>  

チュムポン組合作業場の様子(2012/01/04-05)2012.01.13

チュムポン県では年末年始に集中豪雨があり、一部地域で洪水が発生。これにより一時的に国道や鉄道が寸断され、バナナの輸送作業に影響が出ることも懸念されましたが、幸い作業日までには無事水が引いてくれました。バナナの状態は、長引く雨と曇りの天候の影響もあり、圃場によっては生育不良気味のものがあるなど、ややバラつきが見られました。これまで多かった農園からの輸送作業による打ち身や当たり傷は減少しています。作業1日目には作業場の水道水が断水してしまう問題が発生しましたが、組合理事が急遽地方の行政機関に協力を要請し、ポンプ車で水を持ってきてもらうことで無事に解決しました。(ポンプ車の水は、いつも使用している水道水と同じ場所から持って来たもの。)今週収穫されたバナナが日本に到着するのは、2012年1月20日の予定です。

つづきを読む>>  

トゥンカーワット農民会第二作業場の様子(2011/12/28-29)2012.01.06

ここしばらく、チュムポン県では広範囲にわたって雨や曇りの天候続きで、日射量の少ない日が続いています。さらに夜間の冷え込みが強くなってきていることも影響し、生育不良気味の細く角張った形状をしたものが増えて来ています。また一部圃場では過熟で果肉が柔らかくなってしまっているものが多数出始める等、熟度にも異常が出始めています。今週収穫されたバナナが日本に到着するのは、2012年1月13日の予定です。

つづきを読む>>  

トゥンカーワット農民会第一作業場の様子(2011/12/21-22)2011.12.29

ここしばらく雨天続きで晴れ間の無い天候が続いて来ましたが、今週の作業日は二日間続けて気持ちの良い快晴となりました。バナナの状態はやはり日射量の少ない天候の影響を受けてか、一部圃場で生育不良気味の細く角張った形状をしたものが多く見受けられました。またそのような状態でも、中の果肉はすでに熟してしまっているといったものも一部圃場で数多く見られました。この日に収穫されたバナナは、来年の1月5日に日本へ到着する予定です。

つづきを読む>>  

バンラート農協作業場の様子(2011/12/14-15)2011.12.22

バンラートでは、今週も先週同様に肌寒い気候状態が続いています。(夜間朝方にかけて24℃、日中28℃) またこれに加えて日射量の少ない曇り日続きが影響し、今週は新規収穫圃場、収穫終了間際の圃場の両方ともに実の細い角張った形状をしたものがほとんどといった状態でした。さらに熟度の進行具合が通常よりも早く、過熟による廃棄も相当量に上っています。一部圃場では収穫はしても出荷ゼロというところもあります。12月に入り、気候は日に日に寒さが増して来ているため、果肉と生育不良の問題は次週以降も続くものと思われます。

つづきを読む>>  

チュムポン組合作業場の様子(2011/12/07-08)2011.12.16

今週はナムチャー地区を筆頭に、どの収穫地区においてもしっかりとした果肉状態のものが大部分を占めていました。しかし遠方圃場で収穫されたものには作業場までの輸送による表皮の打ち身、当たり傷が非常に多く、相当量を跳ね出さなければなりませんでした。表皮状態は概ね良好ではありますが、ナイトゥン地区のプラユーン氏の圃場では赤痣症状が数多く見られました。このところこの地域では曇りがちな日が多く、12月を過ぎてから肌寒く感じる日が多くなって来ています。

つづきを読む>>  

前の月へ OCTOBER 2019 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます