フィールド情報

苗銀行 試行中2014.06.20

苗銀行はバンラート農協が発案してスタートしたシステムで、バナナの苗の入手困難な生産者に苗を現物で貸し出し収穫が終わったら2割程度多く苗で返還するというものです。
なかなか軌道にのっていませんが、問題は苗の供給が潤沢でない(欲しい時に手に入らない)からだと 生産者から問題提起されていました。
タイ・パルシステム産直協議会はこのシステムを注目し、今年の協議会事務局会議で側面支援を決めました。


最近新しい産地として参入したサラブリ地域は苗を不断に供給できる地域です。
ここの苗がペブリ県に馴染むかどうかの実験を始めました。
実験を受けてくれたのはバンラート農協屈指のバナナ名人、パイテューンさんです。
自分の農場脇に20本ほどの実験苗を植えてくれました。
名人は実が着くまで待たなくても、2・3ヶ月の成長を見れば適否の判断ができるそうで、
苗銀行の円滑な運営に期待がかかります。


(写真はサラブリの試験苗を新植するパイテューンさん)

<<前のページへ戻る

前の月へ APRIL 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます