フィールド情報

サラブリの出荷体制強化2015.04.10

2015年1月6日、サラブリ地区のホムトンバナナをパッキングするPTJの現地会社(J Fresh Seika LTD,代表者バンチュート・ソムワン)が発足しました。パッキング業務は2月15日の週から始まりましたが、ヨチヨチ歩きで、未だ安定していません。地元の生産者やパッキング場で働くワーカーさん達の支援を受けて初期の混乱をようやく乗り越え、少〜し落ち着いて来ました。

 そこで、タイ産のホムトンバナナを更に良い状態で日本の生協・消費者の皆様にお届けしていくため、4月から体制強化を図りました。発足から不在だったマネージャーを日本から招聘(スラサック・通称オン)、4月6日に現地に就任しました。まだ、見習いですが、落ち着いたら関係者のところへご挨拶に伺う予定です。

バナナの入荷管理と資材管理にプラキット(トン)、圃場登録や圃場履歴を担当するフィールド担当にワチャラ(ゴルフ)を配置しました。パッキング場立ち上げ以前からPTJの現地社員として働いてきたポンがバナナ収穫隊の管理と農場マネージングを担当する体制となりました。みんな、パッキングの業務をやりながらの担当業務です。

 幸いなことにパッキング場で働きたいという希望者も多く、順番待ち状態です。「無農薬栽培にチャレンジしてみたい」と申し込んでくる生産者も少なくなく、ありがたいことです。4月半ばには会計係りの配置も予定されています。リーダーパートさんが3名決まり、チームワークも取れてきました。

 

収穫隊の隊長格にはパンさん(55歳)をお願いしました。ともかく経験値の乏しいスタッフですが、生産者と泥んこになって良いバナナ作りに励み、品質管理の行き届いたパッキングをしていこうと熱い気持ちを持っています。

頑張ってまいります。よろしくお願い致します。

【写真】

  上から 新マネージャーのオン、

      入荷管理・資材管理担当のトン

      フィールド担当のゴルフ

      収穫・入荷オペレーション・フィールドマネージャのポン

      収穫隊長のパン

<<前のページへ戻る

前の月へ AUGAST 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます