タイランド情報

クイティアオ・・・サパンクワイ散策2011.10.26

BTSサパンクワイ駅周辺はタイフリークにとってはたまらない地区だ。駅の周辺をぶらつくだけでも結構楽しめる。食べ物屋、雑貨屋、屋台、出店、露天、ボテフリ・・・歩道を塞いで商売している。線路の下のパホムヨッティン通りは、時間をかけて店をのぞきながら歩いてみたい。登ればチャトーチャックヘト続く通りに首に掛ける仏像の店が並ぶ。下ってサパンクワイ交差点を駅から右に折れるとプラディパット通りで、ヨレタ町並みはそれなりの風物詩だ。天秤棒1本で落花生を売っているオバチャンは脇で体を洗うヘチマ(1本25バーツ)を売っている。落花生を袋に入れてくれる指は年輪を感じさせ、思わず亡くなったオフクロを思ってしまう。さて、写真の店は駅の階段をを降りてすぐ、ビッグCへ向かう通り沿いにある屋台だ。朝早くから夜遅くまでやっている。クイッティオの味は悪くない。おばちゃんの笑顔がオマケ。

つづきを読む>>  

ホテルの朝食をボイコット、外へ出てみる2011.10.24

ホテルの朝食は毎日続くと、飽きが来ます。気分転換に朝飯を外で食べるのも旅の楽しみ方でしょう。日本人の宿泊客が多いスリヲン通り、タワナバンコクホテルのまん前のソイを入るとすぐ左手にあるのがこの「定食屋」だ。お皿にご飯を盛りつけ、上におかずを載せてくれる。二品のせてもらって50バーツとお安い。味も決して悪くない。スープ類を別のお皿によそってもらうこともできる。朝6時から開いていて、店はオヤジも女将も愛想が良い。この店から更に30メートルも歩くと右の角にはコカレストランがあり、左手は日本食の「ラーメン亭」なので迷うことなく行ける。(一番下の写真、突き当たりはタワナホテル。右の黄色い垂れ幕があるのが定食屋)

 

つづきを読む>>  

Nokチェンマイ通信『ハーフ&ハーフ』2011.10.21

友達の家に遊びに行った日の夕方、ものすごい嵐に見舞われて「夕食は、ピザの宅配にしよう!」と言うことになった。最近、チェンマイは、ケンタッキー・マックドナルドに続きデリバリー流行り。待つこと30分、到着!(30分過ぎると割引)で、開けてびっくり玉手箱!とは、このこと。「あれ?注文したのなんだっけ?」嵐の日の頼んだのが悪いのか、忠実に30分以内を守った成果か・・・
具無し・具ありの『ハーフ&ハーフ』になってました。Nok

つづきを読む>>  

バンコク洪水状況2011.10.21

 おはようございます。バンコクの洪水はすでにアユタヤ、パトゥムタニを飲み込み、昨日はノンタブリ、ナコンパトムに達しました。ナワナコン工業団地に続いてバンクラディ工業団地も沈み、水は運河を伝ってバンコク都内にも侵入し始めています。慌てふためいたバンコク都民の中には車が浸水するのを恐れて、夜中に都内の公道で高いところ(交差点を超える橋や高速道路沿い!)に駐車するものも出てきて翌朝の大渋滞を生んだりしています。今朝も駐車しようとしている車を数台見かけましたし、すでに駐車してある車が高速道路の上に長い列を作っています。

 私の自宅付近はなぜか平穏無事で、「昨夜は山場」といわれていましたが裏の運河の水位も大きくは変わらず、逆に昨日は下流の水門を少しだけ開けたらしく水位が若干さがったとも言われています。ニュースなどを見る限りはバンコクの運河網を通じて水を少しずつ引き入れることで都内を水をある程度通すような処理をしないと事態は打開できない、と判断したようです。ただしその際にある程度周辺地域に水があふれることは覚悟しないといけない、だから警戒を怠るな、とそんなニュアンスですね。

 昨夜はドンムアン空港周辺もとうとう警戒地域に指定されました。いずれにしても山場は今後も続きそうです。洪水で物流網が機能しなくなり、都内のスーパーの棚はガラガラ状態。食料品などの調達が難しくなってきました。テスコやビッグCなどの大手スーパーの多くが物流センターをアユタヤに構えていたため、かなり響いているようです。あのセブンイレブンでさえ、オフィスのそばの店では棚に開きが目立っています。むしろ都内各所にある生鮮市場のほうが今は品揃えが良さそうです。

我が家は今日午後にオフィス付近のサービスアパートに一時避難しようと思って準備していますが、何処にいたら安全なのかはもう保証の限りではないですね。今一番安全なのは多分チェンマイ、チェンライなど北部地方ではないかな?

写真は10月18日撮影したものです。(バンコクJUN)


つづきを読む>>  

タイ洪水ドンムアン空港に迫る2011.10.18

ナワナコン工業団地という、バンコクの北、ドンムアン空港から10キロちょっと行ったところにある、タイで一番古い工業団地がついに浸水し、先ほど当局より工場の即時操業停止と周辺住民・従業員の即時避難命令が出ました。タラートタイもすでに浸水していまして、いよいよ水が迫ってきましたね。(バンコクJun)


つづきを読む>>  

チェンマイ通信『キになること』2011.10.14

チェンマイは、日本人がロングステイするのに人気の場所。そこで、ロングステイヤーに人気の物件”パート2”が、いつも行く喫茶店の向かいに。建築中気になっていたのは、入口にデ〜ンと構える木。(これどうするんだろう?)で、仕上がった現在はこんな感じ。大家さんは華僑系(?)、風水なのかなぁ。Nok>

つづきを読む>>  

タイ洪水マップ2011.10.13

青の部分は既に洪水している地域、赤は1996年の大洪水以上の洪水となる可能性がある地域、オレンジは1〜2mの洪水となる可能性がある地域、黄色は50センチ程度(バンコクポストより)

つづきを読む>>  

チャオプラヤー川氾濫寸前2011.10.13

10月13日 朝6時30分、バンコクの町外れタクシン橋まで行ってチャオプラヤー川の様子を見た。水位は既に地上より高くなっていて、セメント防水壁で市内への流入はかろうじて抑えられている状態だった。その壁もあと20〜30センチを残すのみだ。上流のアユタヤ県、ロブリ県、パテュムタニ県をはじめ、もっと上流のナコンサワン県など大洪水は広域にわたっている。町や道路、農園に溢れた水が徐々にバンコクへと向かっている。17日・18日には大潮と重なって川が逆流し、上流から流れて来る大量の水と合体してバンコクを覆うのではと心配されている。土嚢が飛ぶように売れていて、一部の人はラーメンなど非常食、飲み水の買いだめに走っているが、政府や一般のタイの人々は冷静で、落ち着いている。

つづきを読む>>  

旬(Nokのチェンマイ通信)2011.10.12

(チェンマイの)洪水も何とか治まり、平常に戻っている市内です。昨日、友達の家に行ったのが丁度お昼時。食卓を覘くと、タケノコをナムチム(つけだれ)と共に美味しそうに食べている。良く見ると細長い物体が・・・「これ何?」と言うと「ロット・ドゥアン(竹虫)、山奥でないと手に入らないんだよ」
貴重な食材のようである。お父さんは「美味しいから食べろ!」というが、ううむ・・・ご相伴にはあずかれない。生を見るのは、これで2回目。(揚げてあるのは、お土産屋でも売っている)*ロット・ドゥアンは『急行列車』 形がそっくりだからかも。シンカンセンって言うタイ人もいる。<写真はお手数ですが「おすすめレシピ」をご覧ください>

つづきを読む>>  

タイの自動車生産93%増2011.10.12

タイ工業連盟のまとめによるとタイの自動車生産は1〜8月で105万台を超えた。その内の6割は輸出向け、日産自動車が日本向けにタイで生産している「マーチ」も生産好調が続いている。


つづきを読む>>