タイランド情報

日本の青少年保護制度に関心2012.07.08

タイの英字新聞TheNationによると、タイでの青少年再犯防止・社会復帰支援活動に対する関心が高まっている。

日本では犯罪を犯して自宅拘留などになっていて、社会復帰への意欲や可能性のある青少年に対し裁判所や法務関係で働いている有志が青少年の仮親となって教育や社会復帰を応援する活動をしている。

仮親になっている人達が12名の受刑者を世話する仕組みで、APCJJの会議で報告されタイ側が関心を持ったものである。
仮親になった人達は自分の家族として接し、同居することを通じて一般社会生活を身につけ、基礎教育も受けさせる。
日本でもあまり知られていないこの取り組みがタイで高い関心を寄せられている。

(記事の紹介はTheNation)



Young inmates at remand homes can become socially acceptable people, too, when they are raised by "parents" who understand them. This was the message at the first meeting of the Asia-Pacific Council for Juvenile Justice (APCJJ).

In Japan, married couples, who are government officials working for juvenile justice-related agencies, have taken on the responsibility of being their adoptive parents. Each of the couples has to take care of about 12 young offenders.

Thai officials found this case study of juvenile justice, presented recently at the APCJJ meeting, interesting.

"Living together as if they are part of the same family, each couple treats them as their own children, the parents teach them life skills and also the youngsters are given education. So, after graduation, they will be ready to live with people in society peacefully," said Tawatchai Thaikyo, director-general of the Department of Juvenile Observation and Protection (DJOP).




<<前のページへ戻る

前の月へ DECEMBER 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます