タイランド情報

比較民俗学的考証・・32012.12.05

五郎:ソムチャイさんが体調壊して「タイ・日 文化トーク」も できなくなった。

しばらくお休みして、私が30年近くタイと日本を行き来して

感じているタイ人と日本人の様々な違いを独断・偏見を交えて 発表し、ソムチャイさんの復帰を待ちたい。

名ずけて「比較民俗学的考証」



第3話・・・水


日本:蛇口をひねると水が出て、飲める。

レストランや喫茶店で水はタダ。


タイ:水はコンビニやマーケットから買って飲む。

五つ星ホテルでも水道の水は飲料にならない。

レストランでも水は有料。


総括・・・飲み水は人類最後の資源と言われている。

日本には、水の価値が十分認識されていない程優良な水が豊富にある。

水を供給するインフラも浄化する技術も、資源としての水そのものもあって、

すべてが整っている。

治山治水の歴史も長い。


タイでは人々が水に寄り添って生きてきた。

水と言えばタイ人は雨水、川の水を思い浮かべる。

田畑の恵みをもたらし、運河は今でも日常の生活を支えている。

時に洪水し、時に渇水となる。

バンコク市内でも少し裏通りに入ると、浄水機(写真)で飲み水を販売している。

1リットル1バーツ。



心は・・・水は民族と文化の根源で、水を大事にしない民族は滅んできた。


日本では山が荒れ、手入れが行き届かない。

安い輸入材に山が負けている。


山が整ってこそ、水が整い、海で魚がとれる。

日本は「タダの水」を喪うところへ来ている。


タイは戦後原野を伐採し、木材は輸出して切り開いた原野を農地とした。

洪水が頻発し、農地も工業地帯も機能不全を起こしている。

最近、政府主導で植林を始めた。


人類最後の資源、水を確保・保全し生き残るのはどっちだろう?

<<前のページへ戻る

前の月へ NOVENBER 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます