タイランド情報

比較民俗学的考証10・・・ 謝罪2013.04.12

五郎:ソムチャイさんが体調壊して「タイ・日 文化トーク」が 

できなくなった。 しばらくお休みして、私が30年近く
タイと日本を往復して感じじている
タイ人と日本人の様々な違いを独断・偏見を交えて発表し、
ソムチャイさんの早期復帰を待ちたい。

 ・・・名づけて「比較民俗学的考証」 
 

第10話・・・謝罪

 

日本:先ずは謝罪を優先する。

国民の多くが謝罪を求める。

「ごめんなさい」を言ってから言い訳を言う。


タイ:滅多なことでは謝らない。

自分の非は容認しない。言い訳に知恵を働かす。

非を認めると責任の追求を受けるから抵抗する。


総括・・・タイ人は非を認めることが責任を取ることを意味し、損害を償う事につながると考える。
その方程式は避けたい。
上手に言い訳しているうちに、事がアイマイになり、ウヤムヤとなるのを期待する。

日本人は誰もが先ず謝罪を求める。
失敗した側はともかく謝っておいた方がトクと考える。
頭を下げながら 時間の経過を待つ。
失敗を恥じ、責任を果たすために腹を切った日本人がいたのは江戸時代までか、明治までか、太平洋戦争敗戦までか・・・。

心は・・・タイ人も日本人も責任回避には全力投球。

          同じ間違いは何度も起き、責任は取らない。

          社会的地位、ポジションが高くなるほどその傾向は強まる。


写真1.・・東電勝俣会長の初の謝罪(当時) 清水社長は体調不良で現れず。
2011年5月4日、福島県あだたら体育館での避難住民による「土下座要求」と清水社長の土下座は有名。


最近の写真2.・・・2013年4月10日、東電は汚染水の漏れが発覚して謝罪
4月6日には「問題の発生に対する感度が鈍かった」と謝罪、
4月8日には貯水槽からの汚染水の漏れで福島県漁連に謝罪、


最近の写真3.・・・2013年3月29日、汚染水の地下貯蔵設備からの汚染水漏れを謝罪(広瀬社長、相沢・石崎両副社長)
3月23日、ヨウ素の基準値超えが発生して謝罪したばかり。

<<前のページへ戻る

前の月へ APRIL 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます