タイランド情報

バンコク騒動記・・・その32011.05.23

ソムチャイ:バンコクで大きな騒動が起きて丁度一年経ちました。

五郎:だね。早いもんだね、月日の過ぎるのは。

ソムチャイ:先日(5月19日)、タクシン派が一周年で集会を開いてましたけど、

  五郎さん参加しました?

五郎:してないね。私ゃね、今とっても忙しい。

ソムチャイ:どうしてですか?

五郎:ソムチャイさん、どうしてですか?はないだろう!

  今の日本の状況から考えてよ。

ソムチャイ:失礼しました。五郎さんの関係者の方や私の友人たちが皆んな無事だったので

  何かホットしちゃって・・・。

五郎:冗談です。ソムチャイさんを始め、タイの人たちも応援してくれたこと、とても

  ありがたかったよ。 象まで繰り出して募金運動してくれたものな。

ソムチャイ:今まで災害があるたび日本から支援してもらってきたから、何かお返ししたい

  という気持ちがあれだけの運動になったと思います。恩返しできて幸せです。

五郎:「恩返し」と言ってくれて、日本人は気持ちの上でうんと救われたね。

  タイの人の優しさだな。ところで、私が今忙しいのは福島原発のことさ。

ソムチャイ:タイ人も一時は放射能が風にのってタイまで来ると大騒ぎになりました。

  その可能性はないと知らされて、落ち着きましたけど・・・。

五郎:でもね、タイ人の日本への観光は76%減だよ。行きたくないよな、今の日本へは。

  まあ、その話はとりあえず後回しにしよう。

  バンコクの騒動の後始末のこと先に話そうよ。

ソムチャイ:騒動の後始末で大きな出来事が一つありました。

五郎:ソムチャイさんの言う出来事って何だろう?

ソムチャイ:タイの国王を補佐する枢密院のことです。

五郎:めずらしくソムチャイさんと問題意識が一致したなあ。

  あれは、一連の流れの中で出てきたんだろうな。騒動の後始末だけではないね。

  新しく枢密院顧問官に任命されたのはチャリット元空軍司令官だよね。

  2006年のクーデターでタクシンを追放した功労者だからな。

ソムチャイ:枢密院は大きな権威を持っています。王位が空白になった場合、

  後継者を指名したり、枢密院議長は摂政になったり・・・。

五郎:全部で何人だっけ?

ソムチャイ:18人ですね。議長はプレム元陸軍司令官で、半分は退役軍人です。

  残りの半分は王族や元政治家、元裁判官などですね。

五郎:だろう!私が言った通りだ。

<<前のページへ戻る

前の月へ DECEMBER 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます