タイランド情報

病院・・・その42009.04.17

五郎:病院にもハッキリ言えば「経営」があるからな。

ソムチャイ:でも、儲けの前に患者がいます。

五郎:確かに!

  だけど「経営」はイコール「儲けるため」と考えない方が良いな。

  「患者」はお客様だ。

  「お客様に良い経営」でなければ、結局は「儲からない経営」になる。

  患者がいて成り立つのが「病院」、死ぬ人がいて成り立つのが「お寺」・・・アハハ。

ソムチャイ:五郎さん!!

  五郎さんのジョークは面白くないです。

五郎:まあ、そうトンガルな。

  私はリアリティーを言ってるだけさ。みんなも心では同感なはずだ。

ソムチャイ:でも、口に出すのと出さないとでは違います。日本の人は言い過ぎが多いです。

五郎:分かった、分かった。

  以前ね、こんなことがあったんだよ、ソムチャイさん。

  私がバンコクに赴任してすぐの頃のことだけど、

  同僚と二人で本社の「おえらいさん」を出迎えに行ったんだ。

  もう飛行機が着くかな、という時分に突然同僚が倒れちゃった。

  「おえらいさん」は到着する、同僚は倒れちゃった・・・、どうする!?どうする!?・・・だよ。

  同僚より「おえらいさん」の方が大事だからね、同僚はとりあえず車の中に寝ててもらうことにして

  「おえらいさん」を待った。幸い、早めに出口に見えたんで、事情を話して先ずは病院に寄ってから

  ホテルにチェックインすることで了解してもらったんだ。

ソムチャイ:そんな!上司はタクシーかなんかでホテルへ行けば良いのに!

五郎:ああ、私は良いよ・・・、出世の希望もないし。

  だけど肝心な時に黙って顔も出さないんじゃ同僚には『キズ』がつく。

ソムチャイ:私にはそういうことは分かりません。昔の「身分制度」か「徒弟関係」みたい。

五郎:まあ、まぁ。

  同僚の彼はね、顔は真っ青、体中に冷や汗ビッショリ、嘔吐はすごい・・・。口がきけないんだ。

  彼は長くタイに在住してたから、家族とバンコクの郊外に住んでいた。

  彼から、やっと病院のあり場所を聞いて、駆け込んだんだ。彼の家族が日頃使っている病院だ。

ソムチャイ:・・・・。

五郎:救急入口で彼はまた嘔吐してゼイゼイ言っていた。

  ともかく救急治療室に入って、熱と脈拍、血圧を測った。

  医師が駆けつけてくるのかな・・・と思ったら、白い服を着た事務員が来て私に頻りに話しかけるけど

  その頃私はタイ語がさっぱりで、何言ってるか分からない。

  事務員は彼のところに行って、やわら説明書を広げて手続きの説明を始めた。覗いたら、料金表だ。

  治療のコースと費用、病室のコースと料金が書いてある『メニュー』表で、まあ言ってみれば入院・

  治療の「松・竹・梅」だね。

ソムチャイ:五郎さん、もう少し良い例がないんですか!?

五郎:「1泊食事付きで一人部屋なら**バーツ」「その下のクラスで4人部屋なら**バーツ」と

  事務員が説明している。彼は「そのコースは高い、他にないか?」みたいなこと言ってる。

  苦しくて口もきけない状態なんだよ、医者は顔も出さない。

  急に腹が立ってね、私が言ったんだ「一人部屋の一番高いヤツ」って。

ソムチャイ:タイ語も分からないのに?

五郎:相手の事務員は完全に理解したね。急に笑顔になって「こちらへ・・・どうぞ」って

  丁寧に案内された。何と、会計窓口だ。

  そこで頭金5000バーツ払って、契約書に支払保証人のサインをして、

  パスポートの番号書かされた。

ソムチャイ:・・・・。

五郎:会計が済んで、「支払証明書」持って救急室に行ったら、医師が登場してね、すぐに

  点滴が始まった。ドクターも診察を始めたというわけだ。

<<前のページへ戻る

前の月へ OCTOBER 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます