タイランド情報

病院・・・その12009.03.17

五郎:タイで病気になった時のことを聞かせて欲しい、って「書き込み」あったよ。

ソムチャイ:病気にはなりたくないです。

五郎:まぁね。特にタイではね。

ソムチャイ:五郎さんの上司の方がタイに来た時入院した、と言ってたじゃないですか?

五郎:あア、本社からね。偉い人が・・・。

    結論言えば単なる風邪だったんだけど、旅行者保険に入っていたからね、スクムウィットの病院

    に行ったよ。高度治療で有名な病院だ。

ソムチャイ:スクンウィットのどの辺ですか?

五郎:ソイの5か3だったね。

    ホテルの部屋で動けなくなった上司が「救急車呼んでくれ」と言うんだ。

    咳と熱がひどくてね、ホテルの部屋の毛布、全部かぶっても震えが来てたな。

    ところが、救急車なるものがなかなか来ない。「催促しろ」というから何度も電話したよ。

    病院側は「もうとっくに出ています」というばかり、蕎麦屋の出前だね。

    上司には私がトロイからだと思われた。

ソムチャイ:どうなったんですか?

五郎:予定より40分くらい遅れて到着。「渋滞で・・・」で終わり。

    病院へ向かう道はそんな訳で、裏道・裏道を通って行ったけど、かかった時間は変わらなかった。

    夜の8時過ぎだったかな、病院の受付でパスポートと「旅行者保険証」出したよ。

    もう慣れたもんだね、手際よくベッドに寝かせて、すぐに当直の医師が来た。

    あれこれ診察が始まって、ドクターが本人に質問する。で、私が英語で通訳した。

ソムチャイ:ドクターは英語が話せたんですか?

五郎:タドタドしかったけど。

    そのうちタイ語でベラベラ始まった。私がタドタドしいタイ語と日本語の通訳していると、

    あんたじゃだめだ、って通訳を呼んだんだ。夜でも病院に常駐している日本語・タイ語の通訳で、

    えらい美人だった。タイ人で日本語べらべら。

ソムチャイ:すごいですね。

五郎:私の上司は通訳兼看護の女性が来たとたん、すっつかり顔色が良くなって、そのうち手を握ってもらった

    りして病気どころじゃない。鼻の下がビローンとなっていた。

ソムチャイ:・・・・?

五郎:待たされた私にはコーヒーが出てきたし、クッキーなんかもあったな。

   廊下は広々。診察室は広くてきれい。外へ出て病院を見たら、ネオンが光っていた。

   5ツ星ホテル以上だったな。記念写真撮ったよ。

   実際のとこ、美人通訳が出てきたところで勝負はついていた。

   私の上司は、タクシーと歩きでホテルに帰った。

ソムチャイ:外国から難しい手術にタイの病院を訪ねる人が多いそうです。順番を待たずに済むからって。

   臓器移植なんか、盛んです。・・・そこの病院がしてくれるかは知りませんけど。

五郎: 「闇の子供たち」という映画があったな。心臓は売れないけど・・・、生活のために臓器を売る。

   それを目当てに外国から金持ちがタイの病院に来る・・・。どうも暗くなるなぁ、こういう話は。

<<前のページへ戻る

前の月へ OCTOBER 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます