タイランド情報

乞食はやめられない?2008.03.18

五郎:貧乏のチャンピオンは乞食かな?

ソムチャイ:そうとも言えないです。2年ほど前でしたか、乞食集団の特集をテレビ

   で流しました。結構大勢の人が見て、一時話題になっていましたですね。ヤラ

   セがあったかもしれませんが・・・。

五郎:どんな番組?

ソムチャイ:例えば・・・、出稼ぎ乞食の場合は地方からバンコクに出てきて、半年

   くらい稼いで帰ると言うケース。顔を潰したり、足が折れているように偽装・変

   装して乞食をする。田舎に行って見ると、立派な家で乗用車もあって・・・・なん

   て。歩けないはずの乞食が人気のないところまで来ると、スタスタ歩き出した

   た・・・というようなストーリーだったです。

五郎:そんな人がいても、おかしくはないよな。数が数だから。どの位いるのかな。

ソムチャイ:知りません。数えた人はいないと思いますけど・・・。

五郎:シーロム通りのセントラルデパート前で長く乞食している人いるね。おなじみ

   さん、って言う感じで。サキソホン吹いている人、長いね。カラオケで歌いなが  

   ら乞食している人も長いよな・・・。トリオで合唱、ていうのもあった。

ソムチャイ:今では、ストリートミュージシャンて言うらしいですよ。

五郎:そうか!?でも、それじゃストリートミュージシャンが怒るかもしれないぞ。

   だけどね、これが東京だったらダメだよ。道路で椅子に座って、楽器ならして

   乞食していること自体を社会が受け入れない。警察に通報する人もいれば、

   ご丁寧にポリスが出てきて排除したりする。まあ、仮に東京で3日間道路に座

   っていることができたとしても、お金を恵む人はいないね。3日目には死んでる

   よその「お乞食さん」。タイはみんなが受け入れているんだ。乞食を。「そこに

   座って乞食をしていて良いんだよ」って。一般民衆にも、社会にも一呼吸おく気

   持ちの余裕がある。

ソムチャイ:それって、褒めてるんですか?

五郎:いや、褒めてるつもりはない。日本との違いを言ってるんだ。日本人一人ひ

   とりは、タイの人よりお金を持っているかもしれないけど、心は貧しくゆとりがな

   い。松戸市というところで、団地に住んでいた老人が孤独死した。テレビで取り

   上げて社会問題になったけど、一時の話題で終わった。2005年だったかな。

   政治や行政の貧困を言う人もいるけれど、そうなのかな・・・、と思うね。日本

   人の生活の仕方や、考え方、行き方に問題ありじゃないかな。

   1960年代の「高度成長」期に日本はムラの共同体が失われた、その後新し

   い地域・社会コミュニティーがないまま走っている。親子・兄弟で争い事は絶え

   間なくあるけど、親子・兄弟が仲良く助け合って何かしているなんて、日本では

   「美談」だよ。感動ものだもんね。

ソムチャイ:五郎さんのいうのも分かるような気はしますけど・・・、

   タイは未だ農村が基盤で、社会も経済も遅れていますから。これからは分かり

   ませんけど、とりあえず今は「親戚一同」とか「地域のみんなで」と言う考え方

   はありますね。

五郎:日本ではね、職を失うとすごく惨めだ。自殺する人も多い。助け舟がない。老

   後も心配・・・、ビクビク暮らしている。タイは違うよね。ともかく、何とかなってい

   る・・・。

ソムチャイ:タイだって、きれいごとではないです。ただ、仏教で言う助け合いの心  

   見たいなものはベースにあるかもしれないです。お年寄りや子供を大事にする

   気持ちは未だ失われていない気はします。

五郎:何万人いるか知れないけど、大勢の乞食が乞食で食っていけるんだから、タ

   イの社会は人を生かす社会だよ。日本は人間が生きる社会で「大事な何か」

   を失っている。

<<前のページへ戻る

前の月へ AUGAST 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます