タイランド情報

タイと日本、どっちが学歴社会?2008.02.23

五郎:タイの親達、特に富裕層や、いわゆる特権階級に属するような人たちが

   子供を学校に車で送り迎えしている話は分かったけど、そこまで大事にさ

   れて育った子供達がタイの国政や社会のトップ層、指導層になっていくの

   かな?

ソムチャイ:そうです。タイではその辺はハッキリしています。私から見ると、ワ

   ガママいっぱいに育った連中が、大人になってそのままワガママいっぱい

   しているように思うときがあります。

五郎:階層分化してるのかな?矛盾はないのかな?

ソムチャイ:アルとは思うんですけど・・・、実際私は余り納得してません。

   だけど、タイはずっとそれでやってきたんです。エリートはエリートの家に

   生まれ、エリートになっていく。学歴は日本以上に重要視されてると思いま

   す。「大学卒業以上」という限定で求人している企業も少なくないです。

五郎:表に出して採用条件にしてるの?

ソムチャイ:そうです。中学しか卒業していない人もいっぱいいますから、そう

   いう人たちには門前払いですね。能力に関係なく。

五郎:日本では一応、表向きは学歴とか、性別、年齢を採用条件にしてはいけ

   ないことになっている。実際のとこは別だけどね。日本はタテマエ社会だ

   から。

ソムチャイ:タイだってタテマエは好きです。表向き良いこと言うのはタイ人の

   得意とするところですから。タイが救われるのは、富裕層でない人たちが

   「勉強・勉強」「良い学校・良い学校」と子供達を攻めない点ですね。

五郎:教育ママはいないのかな?

ソムチャイ:ゼロではないでしょうけど・・・、いませんね。日本のように小学校

   や中学から学校に行きたがらない子はいません。高校や大学でも子供達

   の自主性と親の経済力で決めてます。余り背伸びはしてませんね。

五郎:それでも、田舎からバンコクへ内地留学させている親もいるって聞くけ

   ど・・・。

ソムチャイ:高等教育させようとしている親はいます。お金があれば、の話で

   すけど。最近はただ大学を卒業したくらいでは一流企業には就職できない

   ケースが増えてます。

五郎:どうするの?

ソムチャイ:大学院に行ったり、外国留学したりですね。

五郎:益々お金がかかる仕組みか・・・!ソムチャイさんみたいに日本へ留学

   する人は?

ソムチャイ:いますけど、少ないです。アメリカとかオーストラリアとか、英語圏

   ですね。日本よりフィリピンの方が良いという人もいます。

五郎:う〜ん。分かるような気もするけど。

ソムチャイ:小学生や中学生の場合は学校はタイではやはり楽しいところです

   ね。行きたくても家計が許さない子が多いことは問題ですけど。

五郎:逆に「不登校」とか「ひき篭り」なんてのはないのかな?

ソムチャイ:聞いたことないです。

<<前のページへ戻る

前の月へ JUNE 2017 次の月へ
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
  • 購入されたバナナに貼ってある生産者検索番号を入力してください。
  • お試し検索するには「123456」をご利用ください。
  • ホムトンバナナワールド
  • おいしいバナナ料理
  • ホムトンバナナアプリをダウンロード
  • 携帯電話からでも生産者検索ができます