タイランド情報

Nokのチェンマイ通信『こだわったつもりが・・・』2012.08.20



引っ越してから、新しい洗濯機を買った。
居候先の洗濯機が壊れて、
持っていくのが忍びなかったからだ。 私は、2層式こだわり派なので、
今回も日本製を探して回った。が・・・予算内では、なかなか見つけることができず、
タイでもポピュラーな某国製に妥協。
使ってみると、「やっぱり、洗濯機は日本製品だなぁ」が感想。
何しろ、使う人の側に立った親切設計を実感。
写真の通り、脱水層がフラットになっているために、洗濯物を移す際、
脇から水が漏れてしまい、当然、床はビショビショ。
(小さな排水穴があいているけど、見かけほど役に立たない)
もしかして、外でしか使わないことを前提に作っているのかも。
まぁ、ご覧の通り、布巾を置いて使えばなんてことないので、
目くじらは立てませんがねぇ・・・。

つづきを読む>>  

火につつまれながら電話2012.08.20

タイの英字新聞TheNarion紙は
プーケット島のディスコ火災で亡くなった弟(Michael 24才)がロンドンの兄に電話していた
事を発表した。
兄のジョセフさん(26才)が会見で明らかにしたもので、火に包まれたディスコから
最後の電話をして来た事を涙ながらに語ったもの。
"I am at the Tiger,which is now on fire.I love everyone"と言って電話は切れたとの事。
叫び声などはなかったそうだ。

火災を起こしたディスコはプーケット島パトュンビーチにある人気のディスコで
タイガー・ディスコティック。
火災の発生は17日夜中の1時40分と見られ、2時間後に消し止められた。
店は閉店後だったが大雨で帰宅できない客が中にとどまっていた。
雷が激しくなって、衝撃で電気系統が壊れ発火したと見られている。
無許可営業で、スプリンクラーもなく防火装置はなかった。
死者4名、重軽傷者11名。




つづきを読む>>  

サッカー、タイプレミアリーグ2012.08.17

筆者がサッカーファンだからではないけれど、雑誌Numberの記事は面白かった。
今年からタイのプレミアリーグと日本のJリーグとは提携関係に入り、
タイでJリーグの中継も始まる。

時々、テレビでタイプレミアリーグの試合をみることがあるが、
点がパカパカ入って逆に興味を削がれることがママあった。
Numberの記事はなぜそうなるかの解説もしてくれている。

ヨーロッパへ出て行くだけがサッカー選手の道ではない、とNumberは述べている。
中国、韓国Kリーグ、中東のリーグだって良いじゃないか、と。
タイのプレミアリーグに入るのだって簡単じゃないし、
その中で生き残るのはもっと大変だ、と解説している。
サッカーはベースボールやバレーボール以上に世界レベルのグローバルスポーツで
稼げる機会はどのスポーツより多いくらいだ。

スタンドでの観戦でも多いに楽しめるのもサッカーの醍醐味だ。
飲み、食べて大声を発する・・・ゴールの時の興奮!
入場料が比較的安いから気軽に楽しめる。

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『下町風生活』2012.08.16



引っ越してすぐに、足首を縫うけがをしてしまった。
(今は抜糸も終わり、すっかりよくなっています)

そのおかげで、日がなゆっくりと団地内の生活の雰囲気がつかめてきた。

母の日(シルキット女王のお誕生日)が日曜日だったため、土日月と3連休。
子どもたちが、外で遊んでいた。「縄跳び」懐かしい風景に、子供のころの自分を重ねた。
大きい子が小さい子を面倒見ながら、仲良く遊び歌を歌っている。
日本では、こんな風景滅多に見られなくなったのではないでしょうか?




つづきを読む>>  

タイ政府 銀メダル獲得に1500万円2012.08.16

ロンドンオリンピックが終わり、タイは銀メダル2個と銅1個を獲得した。
ボクシングの銀メダルの他、女子重量挙げの銀とテコンドー女子の銅でした。
派遣選手の総数は37人(日本は293人プラス役員225人 総計518人派遣)ですから、
今流行りの費用対効果で見るとタイは決して見劣りはしない。

銀メダルに輝いたボクシングについては未だに判定の不公平が国内で取りざたされていて
あれは勝った試合で、金メダルが相当という声が多い。

先に、飲料やOishiレストランを経営するタン社長はボクシングのケーウ選手に金メダルに値するとして1000万バーツ贈呈を約束している。

今般、タイ政府は銀メダリスト2名に600万バーツ、銅メダリストに400万バーツを贈呈した。
タイの大学卒業生の初任給が15,000バーツ/月程度であることを考えれば、贈呈された金額の
価値が想像できます。

(写真はNewsclipから転載)


つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『ホムトンバナナ?』2012.08.13



初めて見た!って、バナナの木ではなくて、子供でも届きそうな所に、
バナナがぎっしりなんて、今まで遭遇したことがなかった。 
我が家の住宅団地は、大体同じつくりなのですが、
垣根沿いの花壇は、それぞれ個性があります。
そのなかでも、我家の先のこのお宅、なんて素敵なんでしょう!
今度、ゆっくり団地内散策をしてみようかな。
*バナナの種類はたくさんあって・・・、これは何んでしょうねぇ?
ホムトン君、教えてください。Nok

つづきを読む>>  

タイ北部メソットで洪水発生2012.08.11

タイの各新聞は12日、北部で発生した洪水について一斉に報じている。
TheNation紙によると、タイミャンマー国境付近の大雨で
マエ河が氾濫、堤防が決壊してメソットの街が洪水となった。
住民は自主的に避難を始めているが、水かさは増しており市内での
洪水の高さは70センチに達している。
上流のダムも水が溢れていて、危険な状態になっていると報じた。
(写真提供はThe Nation)

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『お引越し、その2』2012.08.09



引っ越してから10日経ち、
ようやく団地内の雰囲気も分かってきました。
道路は区画されて街路樹もあり、雰囲気は良いのですが、毎日の落ち葉拾いが・・・
みんな綺麗にしているので、私だけ汚くしているわけにもいきませんね。

我が家は「ミニマート」(食料品雑貨屋)のすぐ裏なので、お買い物は歩いて10秒。
近くには、夕方市場・食堂や麺屋・美容室・インターネット屋まであり、
此処から1歩も出なくても、用を足せちゃう。

車で5分も走れば、タイで一番大きくなると言われる、ショッピングセンターが建設中。
今からとても楽しみ。
*おばあちゃんが、外でお洗濯してたり、天気がいいと、洗濯物を道路で干してます。

つづきを読む>>  

BM協会秋山さん、星加さん来タイ?2012.08.08

8月8日、BM協会の星加さんと秋山さんが来タイ(?)しました。
朝5時〜夕方4時までの短いバンコク滞在で、インドネシア・スラバヤに向かう途中のトランジットでした。 スラバヤでエコ・シュリンプを加工している工場が新しく建て替えられるので、BM技術を使った汚水処理設備の建設打ち合わせに向かう途中でした。 (来年春には完成予定)
スカイトレインで空港からパヤタイ駅まで出向いて頂き、お昼ご飯を一緒しながら、タイにおけるBM技術の将来など話し合わせて頂きました。
屋台での食事でしたが、なかなかの味に舌鼓うちながら未来を語った次第でした。(Y)

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『お引っ越し』2012.08.03


引っ越して半年しか経ってないのに、また引っ越し!
人生の中で、こんなちょっとの期間だけは初めてかなぁ。
(過去最高1年間)

それで、まだ電話を引いていないので「エアーカード」なる新兵器を買ったのはいいのですが、
パソコン音痴のため、悪戦苦闘して3日目にやっと繋がりました。

引っ越したのは、タクシン元首相の政策『低所得者のための分譲住宅』。
それも、彼の出身地のサンカンペーン郡。
雰囲気は下町の住宅団地、っていう感じです。
何しろ、引っ越し最中に、はす向かいの家から夫婦喧嘩の声が・・・
外を掃く箒の音・子供の歓声、お父さんに手をひかれてお散歩している親子の姿、
微笑ましい生活感漂うムーバーン(住宅団地)。

これからは、車の轟音、夜中から泣き叫ぶ鶏や牛に悩まされずに熟睡できそうです。Nok

つづきを読む>>