タイランド情報

チェンマイ通信『キになること』2011.10.14

チェンマイは、日本人がロングステイするのに人気の場所。そこで、ロングステイヤーに人気の物件”パート2”が、いつも行く喫茶店の向かいに。建築中気になっていたのは、入口にデ〜ンと構える木。(これどうするんだろう?)で、仕上がった現在はこんな感じ。大家さんは華僑系(?)、風水なのかなぁ。Nok>

つづきを読む>>  

タイ洪水マップ2011.10.13

青の部分は既に洪水している地域、赤は1996年の大洪水以上の洪水となる可能性がある地域、オレンジは1〜2mの洪水となる可能性がある地域、黄色は50センチ程度(バンコクポストより)

つづきを読む>>  

チャオプラヤー川氾濫寸前2011.10.13

10月13日 朝6時30分、バンコクの町外れタクシン橋まで行ってチャオプラヤー川の様子を見た。水位は既に地上より高くなっていて、セメント防水壁で市内への流入はかろうじて抑えられている状態だった。その壁もあと20〜30センチを残すのみだ。上流のアユタヤ県、ロブリ県、パテュムタニ県をはじめ、もっと上流のナコンサワン県など大洪水は広域にわたっている。町や道路、農園に溢れた水が徐々にバンコクへと向かっている。17日・18日には大潮と重なって川が逆流し、上流から流れて来る大量の水と合体してバンコクを覆うのではと心配されている。土嚢が飛ぶように売れていて、一部の人はラーメンなど非常食、飲み水の買いだめに走っているが、政府や一般のタイの人々は冷静で、落ち着いている。

つづきを読む>>  

タイの自動車生産93%増2011.10.12

タイ工業連盟のまとめによるとタイの自動車生産は1〜8月で105万台を超えた。その内の6割は輸出向け、日産自動車が日本向けにタイで生産している「マーチ」も生産好調が続いている。


つづきを読む>>  

冷涼な秋に備える2011.10.08

ลมเย็นบ่งบอกถึงอากาศหนาวมาขึ้นที่ท่าเรือเชียงแสนแล้ว ในค่ำคืนนี้อย่าลืมเตรียมพร้อมรับความเย็นในเมืองไทยเต็มตัว เร็วๆนี้ อย่าลืมดูแลสุขภาพทั้งตนเองและคนที่เรารักนะ(รักตัวเองก่อน ก่อนที่จะหันไปรักใคร)รักและคิดถึงเสมอ ฝันดีทุกคนครับ(チェンセンYom)

つづきを読む>>  

麻薬密輸摘発2011.10.07

タイ政府は麻薬の取り締まりにかなり力を入れ始めた。中国を源流にしてタイ・ラオスの国境を流れやがてベトナムのハムロン湾に注ぐ大河、メコン川を使った大規模な麻薬密輸が摘発された。中国国旗を堂々と掲げて95万錠に登る「スピード」を運んでいた。「10月5日、メコン川をフルスピードで航行していた二隻のボートはタイ警察の停船命令を振り切ろうとしたが、挟み撃ちになり、銃撃戦となった。銃撃戦が終わって警察が船内を調べるとリンゴやニンニクなどの農産物のバッグに隠した麻薬類を発見した(バンコクポスト)」

つづきを読む>>  

インラック内閣の閣僚資産発表2011.10.03

インラック内閣は8月10日に正式発足したが、タイ国家不正防止委員会が閣僚資産の発表をした。

インラック首相は5億4113万バーツ、最多はプロートプラソープ科学技術相で 9億6350万バーツ、

注目のユタサック国防相は3億8045万バーツだった。

つづきを読む>>  

『誕生』チェンマイ通信2011.09.27

   第一号は、おめでたいので友達の姪っ子が出産したお知らせ。3800gの元気な女の子でした。それで、チェンマイの風習なのか、タイ全土なのか分かりませんが、産後1ヶ月間、写真のように頭に被り物をして、洗髪はしてはいけません。

   本来は、長そで・靴下も穿いているそうですが、このクソ(失礼)暑い最中、そんなことはやっていられません。でも、頭だけは絶対にするそうです。*洗髪はお湯ならOK!だそうです。この通信を皮切りに、チェンマイの見どころを含め情報を発信します!よろしくお願いしま〜す。Nok

つづきを読む>>  

洪水2011.09.19

今年の洪水は既に14週間にわたっていて、死者は83人に上っている。
北部、中部平原地帯全体に大雨、長雨が続いている。
2002年に起きた大洪水と既に同じレベルに達していて
タイ灌漑局によると、チャオプラヤー川は週3700〜3900トンの増水になっている。
来週(9月19日の週)からはさらに雨量が増える見通し。

北部タイではチェンマイ県のピン川の氾濫が起きている。
タック、メーソット県にあるダムは決壊の恐れが出たとして、
村人を避難させている。
中部平原地帯ではスコータイ、アユタヤ、ナコンサワン、パトムタニ、ロブリなど洪水は
広域に及んでいて、軒下まで水没した家も少なくない。
アントン県では朝方の4時ごろ、突然洪水が押し寄せ1000所帯以上が緊急避難した。

首相府広報官テイテイマー氏はアユタヤ県、チャイナー県の家屋再建補助費用で3億1600万バーツを割く必要があるとした。

つづきを読む>>  

「インラック新内閣」の主な閣僚経歴。2011.09.19

ถณะรัฐมนต์รี ยิ่งลักษณ์
〈副総理兼内務〉 ヨンユット・ウィチャイディット
      1942年、タイ南部スラタニ生まれ。タイ国立チュラロンコン大学政治学部卒、タイ国立開発行政研究院(NIDA)行政学修士。元内務次官。プアタイ党党首。

〈副総理〉 チャルーム・ユーバムルン
 1948年生まれ。オープン制大学のタイ国立ラムカムヘン大学法学部卒。警察勤務(大尉で退官)を経て政界に転じ、1980年代から複数の内閣で閣僚を務めた。本人は汚職疑惑が絶えず、息子3人は暴行、殺人などの容疑で逮捕された過去がある(いずれも無罪)。

〈副総理〉 コーウィット・ワタナ
 1947年生まれ。警察士官学校卒。2004―2007年、警察長官。2008年のタクシン派政権で内相。

〈副総理兼商務〉 キティラット・ナ・ラノン
 1958年生まれ。チュラロンコン大学経営学修士。元タイ証券取引所(SET)所長。

〈副総理兼観光スポーツ〉 チュムポン・シラパアーチャー
 1940年生まれ。タイ国立タマサート大学法学部卒、米シラキューズ大学行政学修士。元タマサート大学講師。下院当選8回。下院副議長、教育相などを歴任。兄のバンハーン元首相が長年党首を務めたチャートタイ党が2008年末、選挙違反で解党され、バンハーン氏が5年間の参政権停止処分を受けたことから、チャートタイの後継政党チャートタイパタナーの党首に就任。

〈国防〉 ユタサク・サシプラパー
1937年生まれ。陸軍士官学校卒。陸軍大将、元国防次官。2001年のタクシン政権で副国防相。

〈財務〉 ティーラチャイ・プーワナータナラーヌバーン
 1951年生まれ。ロンドン大学経済学部卒。タイ中央銀行副総裁を経て、2003―2011年、タイ証券取引委員会(SEC)事務局長。

〈農業・協同組合〉 ティーラ・ウォンサムット
1949年生まれ。タイ国立カセサート大学経営学修士。農業・協同組合省副次官、同省かんがい局長を経て、2008年の反タクシン派アピシット政権で農業・協同組合相。

つづきを読む>>  

    230 件がみつかりました (221-230).
    <<前へ     1 ... 15  16  17  18  19  20  21  22  23     次へ>>