タイランド情報

タイ人が一番関心持つのは「北海道」2013.10.30

【タイ】アウンコンサルティング(東京都文京区)は28日、タイでの「日本の都道府県名」検索ランキングを発表した。


 観光で日本を訪れるタイ人が増えていることから、
タイ人が現在、日本のどの地域(県)に関心を持っているかを調べるため、
日本の47都道府県名をタイ語で表記した場合のキーワード月間検索回数を調査した。



 それによると、1―8月の1位は「北海道」で5万4000、
2位は「東京」で5万2800だった。
3―10位は順に、「大阪」2万8900、「京都」1万7700、
「沖縄」1万3100、「福岡」1万2200、「広島」1万1900、
「千葉」8120,「埼玉」6000、「長崎」4930。



 日本政府観光局(JNTO)によると、
1―9月に日本を訪れたタイ人は前年同期比59・1%増の28万5200人と、
国・地域別で韓国(194万4200人)、台湾(166万9900人)、
中国(99万4900人)、米国(59万2100人)、
香港(54万8600人)に次ぐ6位。
7月からは日本政府がタイ人に対する短期滞在のビザを免除し、
訪日観光のさらなる増加が期待されている。


(記事はBeClipより転載)

日本人がタイに入国する場合3ヶ月以内なら以前からビザ不要で、
タイ人が日本に入国する場合は身元引受人の「身元保証書」や旅程表の提出、
日本領事館への出頭・面接などが長い間求められてきた。
今回の緩和でタイ人が日本に短期間(2週間以内)入国の場合のみノービザとなった。
多くのタイ人から歓迎されている。
(管理者補注)

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信「家庭料理」2013.10.24


昨日は、お世話になっているロングステイご夫妻に、昼食のお招きをいただきました。
私の大好物、五目ちらし しっかり味のしみたお煮しめ 海鮮サラダなどなど、日本の食卓に身も心も満足満腹。
ご馳走様でした。
*チェンマイでは、ゴボウは貴重な食材です。


つづきを読む>>  

タイ東部地域洪水2013.10.12

チョンブリ、プラチンブリ、チャケンサオなどのタイ東部地域で洪水が発生、
地域住民の一部は近所のお寺の敷地内などに避難している。
タイ政府は3500億バーツの洪水対策費支出を決めている。


雨は依然として降っており、警戒が必要。

(写真はTheNation紙より転載)


Water official says govt's Bt350-bn project would prevent heavy flooding


Reacting to the heavy flooding in Prachin Buri, which has been inundated since September 19, the acting director-general of the Office of the National Water and Flood Management Policy yesterday said the water-management mechanism in this eastern province was meant to accommodate the irrigation system, not drainage or flood prevention. (英文記事はTheNationより転載)

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『またまた、お引越し』2013.10.12


M 今年の初め、これが終の住処にしたい!
と、願って引越ししたけれど、1年も経たないうちにまた…。


郊外の田舎から、市内に!
まだ、1週間も経たないけれど、便利。
歩ける範囲に、なんでもある。

そうの上、我が家はリゾートのように木が沢山あって静か。
都会なのに。
朝は鳥の声で目覚め(鶏も)、木ではリスが遊んでいます。


iPadから送信

つづきを読む>>  

アユタヤ、パテュムタニ洪水の備え2013.10.01

【タイ】インラク首相は28日、バンコク北郊のパトゥムタニ県の洪水被災地を視察し、ボートや救援物資を贈った。  中部のアユタヤ県、パトゥムタニ県、バンコク都では北部、中部の雨による主要河川の増水で洪水の悪化、発生が懸念されている。 (写真、記事ともBeClipから転載)

つづきを読む>>  

7月のタイ人訪日85%増、3万人 ビザ免除が追い風 2013.09.17

【アジア】
日本政府観光局(JNTO)によると、7月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同月比18・4%増の100万3100人で、単月で初めて100万人を超えた。


 7月1日から短期滞在のビザが免除されたタイ人は84・7%増の3万200人、マレーシア人は25・2%増の9900人だった。


(タイトル、記事共BeClipより転載)  国・地域別で最も多かったのは韓国人で24万4000人(前年同月比28・6%増)。
2位台湾人23万8500人(同48・7%増)、
3位中国人14万6200人(同31・5%減)、
4位香港人8万5300人(同65・7%増)、
5位米国人7万5300人(同14・5%増)――。


 東南アジアからはシンガポール人1万1200人(同33・5%増)、
インドネシア人8100人(同4・1%増)、
ベトナム人7300人(同59・4%増)、
フィリピン人6700人(同11・8%増)――。

 1―7月に日本を訪れた外国人(推計値)は前年同期比22%増の595万7700人だった。

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『一瞬の出来事』2013.09.12



最近は、スコールらしいスコールがないと思っていたが、
この時は、バケツをひっくり返したような雨が…
ほんの一瞬、前が見えなくなったと思ったら、
ガツンという鈍い音と共に衝撃が。
見事にオカマを掘られてしまった。
脇に車を寄せると、もう雨は止んでしまった。
修理工場に持っていくと、空には大きな虹が出ていた。

つづきを読む>>  

タイ国会で椅子投げ2013.09.06

【タイ】
5日夕方、タイの国会で、野党民主党の男性下院議員が2度にわたりイスを投げる騒ぎがあった。
椅子を投げた議員は民主党の重鎮、ステープ・トゥアクスバン元副首相の弟のチェン・トゥアクスバン議員。
天然ゴム価格をめぐる討論で、
議長役を務めていたウィスット下院副議長の議事進行に不満を強め、 副議長に向け2度、イスを投げた。
けが人はなかった。


 タイの国会では4日にも、ソムサック下院議長の議事進行を不満とする民主党の男性下院議員が議長席に近づいて怒声を上げ、議長が呼び入れた警官によって議場外に連れ出される騒ぎがあった。
このとき、民主党議員数人が警官ともみあい、けがをしたと主張している。


 民主党の地盤である南部では、
8月下旬から、天然ゴム農家が市価を上回る価格で天然ゴムを買い取るよう政府に要求し、
道路、線路を封鎖。
5日には南部プラジュアブキリカン県で、
新たに道路を封鎖しようとした天然ゴム農家と警官隊が衝突し、双方にけが人が出た。
政府はこれまでのところ、買い取りに応じていない。


(記事、写真ともBeClip提供)

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『セルフ式ガソリンスタンド』2013.08.28


>
> 缶ジュースの自動販売機はないけど、
> 我が家の近所には、ガソリンの自動販売機がありますよ~!
>
>
>
>
>

つづきを読む>>  

タイ南部の天然ゴム農家が幹線道路封鎖、警官隊と衝突 2013.08.27

【タイ】23日、タイ南部ナコンシータマラート県で、天然ゴムやパーム油の価格低下を不満とする農家数百人が幹線道路を封鎖し、警官隊と衝突して、双方にけが人が出た。警官隊は強制排除に失敗し、道路封鎖は26日も続いた。


 天然ゴム農家は政府に高値での買い取りを求めている。
政府は26日、スポン首相副秘書官長を現地に派遣し、
農家側と交渉したが、不調に終わった。


(この項及び上段写真はBeClipから転載)
(下段写真:天然ゴム価格表は「世界経済」から引用)


【管理者解説】
タイの天然ゴム生産は政治が大きな影響を及ぼしている。
タイ政府は中・長期政策で天然ゴムの増産を奨励してきた。
農家は高値を想定して、一部は多額の借金をして高額な苗を購入、 新規圃場の開墾や既存作物からの転換に踏み切った。
世界的な天然資源高騰を当て込んだのである。
東北部のようなゴムの産地でなかった地域にも
天然ゴムの栽培の波が押し寄せ、大規模なゴム園が出現した。


南部のホムトンバナナ栽培農家の中にも
バナナ栽培を止めて天然ゴム栽培に切り替える農家が出て来るほどであった。
現在の国際価格の下落は国をあげての増産と世界的な消費の減少から来る結果で、
農家にとっては政治・政策・国際相場に関連しての、
厳しい選択であったことを裏付けている。
(解説記事は山本)

つづきを読む>>