タイランド情報

Nokのチェンマイ通信「ソンクラーン」2013.04.16

「サワッディーピーマイ ジャ〜オ」
チェンマイ弁で「新年、おめでとうございます」
*ジャ〜オは女性言葉


タイは3月12日〜16日まで正月連休。
人気の『Angry Birds』に変身して、水掛け祭に参戦。
目立ったせいか、集中攻撃されて びしょ美女!ぐじょ愚女!


一年に一度しか拝観できない、貴重な仏陀の山車に混ざり、
踊り呆けて、これが本当の「あんぐりNok」でした。=


(管理者註)
*タイは御釈迦様の生まれた日をお正月としています。

西暦の新年(1月)、中国正月の新年(2月)が有り、タイ正月(4月)が有ります。

つづきを読む>>  

タイ政府、朝鮮緊急避難計画策定2013.04.01

【タイ】タイ政府は朝鮮半島情勢の緊迫化を受け、
有事の際に韓国在住のタイ人の避難させる計画の策定に乗り出した。
在住タイ人の氏名、住所の確認と、緊急時の集合場所の周知を進め、
避難が必要な場合はいったん、日本、中国、台湾に空路、海路で出国させ、
その後、民間機、民間船、タイ海軍艦艇などでタイに帰国させる方針。


 タイ政府によると、韓国在住のタイ人は約4万3000人。

(以上の記事BeClipから転載)


つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『得度式』2013.04.01

「ドンシャン・ドンシャン」軽快な太鼓と銅鑼の音が近づいてくる。
何だろう?玄関から覗くと、お供え物を持った行列が過ぎていく。
その後に続いて、坊主頭の子供が肩車をされているのを見て

「あっ!タイヤイ族の得度式だ!」
去年、市内で遭遇したポーイサーンローン(タイヤイ族の3歳から14歳の男子出家儀式)と同じだった。
後日聞いた話によると、近所にタイヤイのお寺があるらしい。


チェンマイは、ミャンマーに隣接しており、タイヤイ族(シャン族)も多く住んでいる。
普段の生活から、多民族の文化が垣間見れるチェンマイ、興味深いですよぉ〜。==

つづきを読む>>  

4月から新20バーツ札2013.03.28



タイ政府は4月から新しい20バーツ札を発行する。
既存のものはプミポン国王が青年期の頃のもので、
新券は国王在位60年頃の御影が使われる。


裏面の印刷も変更される。


(写真は 上から新券表、二番目新券裏 、 三番目旧券表、 一番下旧券裏)

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『太陽の恵み』2013.03.24

チェンマイは、キノコが豊富。
それに、サンサンと輝く太陽。
そこで、シメジ・エリンギ・シイタケを干してみるかと思い立つ。

本日、太陽も風も私の見方!
たった一日で、こんなに乾燥するのも「タイ」ならでは。

そこで、大好きな炊き込みごはんを作ってみると…
ああら、不思議、生で作るより、香り豊かで食感もあり、
今までより数倍美味しい「キノコ飯」の出来上がり〜!

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『天河』2013.03.18



昨日、「東日本大震災」追悼チャリティーイベント『天河』に参加した。

あのとき、ふとつけたTV で画面から身動きできなくなってしまった。
日本よりいち早いニュース映像だったようで、私の安否メールで詳細を知った友人知人。あれから、2年の歳月…


108人の僧侶の読経から始まり、和太鼓とランナー(北タイ)太鼓の
コラボに合わせて踊るタイ人学生。
チェンマイ在住書道家のパフォーマンス。
そして、最後は「えま&慧奏(えそう)」お二人の歌声が夜空に響き、
黙祷を捧げ、静かに夜は更けてゆく。


*被害でお亡くなりになった方のご冥福を、チェンマイにてお祈りいたします。
「天河実行委員会」の皆様、こういう機会を与えてくださって、ありがとうございました。



つづきを読む>>  

ホムトンバナナ栽培技術交流会 2日目始まる2013.03.17

2日目の発表トップはトンカーワットの生産者ウィトゥーンさん。高地で水が得にくい地域でどのように良いバナナを栽培して行くかをテーマに発表しました。

東北ノンカイ県から参加した生産者がさっそく質問にたちました。

意見交換とコンメンテーターのアドバイスを交えた論議が進んで行きます。


つづきを読む>>  

小川さん産地訪問2日目 チュンポンへ2013.03.15


3月16日、17日に開催される「第二回ホムトンバナナ栽培技術交流会」(主催トンカーワット農民会➕チュンポン生産組合)に昨年に続いてコメンテーターとなられた小川さんは13日の朝5時からの活動に疲れも見せづ、
翌14日早朝から車でチュンポン県に移動(約4時間)、発表予定の生産者を訪問した。

初めに訪問したノーさんとはアミノ酸態窒素に発酵した液肥の上手な作り方を伝授。
ノーさん自身が作っている液肥を高く評価した。
種菌として使う液肥をどのように使えばより良い効果が得られるかなど
日本でのノウハウを説明した。


ターチャナ地区のアナンさんの圃場に着いたのは夕方4時、
圃場をチェックした後、
アナンさん宅のベランダでビールを飲みながら話し合い。
アナンさんは小川さんの一番弟子を自認している生産者だ。
外は暗くなって来たが、話は尽きない。


写真は上から
ノーさんの液肥製造小屋で記念写真
(一番左チュンポン生産組合のプラスート理事長、その右ノーさん、
三人目はPTJスタッフの佐渡・シリポン、右から二番目が小川さん、1番右はPPFCスタッフのチャイ)

二番目の写真
(ノーさんの圃場にて)

3番目の写真
(アナンさんの自宅のベランダで)

4番目の写真
(アナンさんの発酵液肥のチェック、イマイチの評価)

つづきを読む>>  

象牙製品持ち出し禁止2013.03.14

タイの自然生態系保護局は観光客に対し大国内で象牙を買い、持ち出すことを禁止しました。
どんなに小さいモノでも大国がいに持ち出す場合は空港で逮捕すると警告をしています。


今までにもタバコの持ち込みなどでトラブルになっている旅行者は少なくなかったのですが、
イヤリングやブレスレットなどどんな小さなものも見逃さない、 としてしていますので、要注意です。


(記事と写真は「The Nation」から転載しました)


People carrying illegal ivory can be arrested at the airport or back home

Foreigners visiting Thailand have been advised not to buy elephant tusks or any ivory products, even if it is something as small as an earring or a bracelet. Offenders might face arrest in Thailand or at home if they are caught taking tusks or any other ivory product outside the Kingdom. This measure has been implemented under the Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora (CITES) in order to stamp out the international ivory trade. "You will be arrested at the airport in Thailand or in your original country if we find you are trying to carry ivory products outside the Kingdom," Theerapat Prayurasiddhi, deputy director general of the Department of National Parks, Wildlife and Plant Conservation (DNP), warned.

つづきを読む>>  

Nokのチェンマイ通信『ふっと腹』2013.03.11


本日、昼食に和食レストラン「ジガンティア」に行くと、
夕方のミュージック祭に出店するから来てね、とのお誘いあり。

午後7時、日曜歩行者天国も相まって、
旧市内の3人の王様像広場は宴もたけなわ。
お目当ての屋台に到着!
握り寿司、10バーツ・お好み焼き30バーツ(◎ー◎;)
こんな値段でいいの?と思いきや、売上すべて赤十字に寄付だそうです。

ご主人のモントリーさんと奥さまのひろみさん。
いつも仲睦まじく、優しい笑顔。

来週は「天河」(東日本大震災チャリティイベント)にも出店されるそうです。
http://giganteaweb.blog126.fc2.com/


つづきを読む>>